土木の測量・設計CADをお探しの方へ|サンプルモデル

土木の測量・設計CADをお探しの方へ|サンプルモデル

サンプルモデル(道路・構造物)について

ベアールートシステム監修の「CADの杜」では、お客様により多く3次元CADに触れていただくため、サンプルモデルなどを定期的に追加しております。CADを円滑に導入し、運用させていくための各種サポートは整っておりますので、ご購入や乗り換えをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

砂防ダム

関連事例をチェック!

このモデルは、砂防ダム堤体の構造物掘削が完了した時点の掘削地形に、砂防ダム堤体を置いたものです。砂防ダム周辺部分は、現況地形を残しております。

九州内の急傾斜地において、砂防ダムは多数存在しております。土砂崩れの対策として大変効果的ですが、堆砂が多くなると機能しなくなるため、水や砂を下流に流すスリット型(中央部分が鉄骨などになっている)を採用することが多くなってきております。

現況地形の測量には、3次元スタジア測量を行い、測量ポイントのXYZ座標をテキストファイルから読み込ませて、現況地形サーフェスを作成しております。現況地形の河川護岸堤防の表現もサーフェスの修正機能を使い丁寧に仕上げております。

砂防ダム堤体の構造物掘削は、ダム軸に線形を作成し、各断面をコリドー横断編集機能を使ってダム堤体に合わせ、掘削断面をダム軸直角方向に設定し、作成しております。

また、現況地形と重なるため、現況地形サーフェスに境界を設定し、構造物掘削部分のサーフェスを表示しないように設定することで、うまく重ね合わせすることができております。

ダム堤体のモデリングには、AutoCADの3次元モデル作成機能を活用しました。基本的には、平面図形の押し出し、3次元ソリッドモデルでの差分などでダム堤体を作成しました。スリット部分については、鋼鉄管の部材を1つずつ作成し結合しております。

このモデルでは、サーフェスの周囲に模型のように高さ方向の壁を設けています。この壁があることで高低差がよくわかり、3次元地形モデルを模型のように見せております。

この壁は、現況地形サーフェスからオブジェクトを抽出機能によって境界線を抽出。適当な高さの基準サーフェスに向かって、グレーディングを作成することで表現しております。AutoCAD Civil 3Dの標準機能を活用することで、とても簡単に高低差の表現を行うことが可能です。

サンプルモデル(地形)について

ベアールートシステム監修の「CADの杜」では、お客様により多く3次元CADに触れていただくため、サンプルモデルなどを定期的に追加しております。CADを円滑に導入し、運用させていくための各種サポートは整っておりますので、ご購入や乗り換えをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

地形作成

Civil 3D を使って、簡単に地形を作成する手順を紹介します。

最初に等高線の入った地図を位置合わせして読み込みます。Map 3D の図面クリーンアップ機能を使って、不要な線分を削除します。続いて、Jツール(日本仕様)の等高線高さ入力ツールを使って、等高線に高さを与えます。

サーフェスを作成します。

ここでは、まだ何もサーフェスに無いので空のサーフェスが作成されます。先ほど作成した等高線を空のサーフェスに対して定義として与えると、等高線からサーフェスが作成されます。

オブジェクトビューアで確認すると、現況地形が簡単に作成できていることがわかります。

このように平面図(地形図・地勢図)があれば、簡単に現況地形を作成することができます。もちろん、ポイントデータを読み込んだり、レーザー測量データをポイントとして読み込んだり、SIMAデータを活用したりと、様々な入力からサーフェスを作成することができます。

現況地形サーフェスを丁寧に作成してあげることで、その後の計画も詳細に行うことができます。