土木の測量・設計CADをお探しの方へ|3次元CADの利便性

土木の測量・設計CADをお探しの方へ|3次元CADの利便性

3次元CADだからこそできること

土木の2次元CADでは、平面図、縦断図、横断図を使います。平面図は、東西方向と南北方向の2つの軸を用いて地図や航空写真のように上空から見た図を指します。縦断図は、道路線形や任意の軸に沿って断面を切った形状を表しています。縦方向に高さを表示することで高低差を確認することができます。横断図は、道路線形や任意の軸と直角方向に断面を連続的に切った形状を表しています。横断図では、その断面での掘削量や盛土量を把握するのに利用されます。また、土量計算の平均断面法などでも利用されます。

一方、3次元CADは、まず現況地形を作成します。そして現況地形に対して線形計画、縦断計画、標準横断等を作成します。平面図、縦断図、横断図は、3次元CADで作成したモデルから自動的に作成され、3次元CADのモデルが変更されると自動的に平面図、縦断図、横断図が更新されます。設計変更に伴う図面の修正がとても簡単に行うことができ、修正漏れの心配もありません。また、3次元CADでモデルを作成することで様々な方向から設計計画を見る(眺める)ことができるため、周辺の景観検討にも利用できます。最近では、環境への影響を考慮するために、風の流れのシミュレーションや時間ごとに変化する建造物の影の確認に3次元CADが利用されています。

・2次元ではできなかったこと!
・CADに革新をもたらしたもの!

これこそが、3次元CADなのです。

利用者の声はこちら

今後は3次元CADが必須に?

国土交通省は、土木分野へのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の展開として打ち出している「CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)」の考え方を具体的に検討し始めています。「電子納品・保管管理システム」を使い事業初期段階の調査から維持管理・点検まで一貫して同じデータを引き継ぐ形をシステムの将来像として描いています。将来像に到達するため、まずは3次元データによる設計とそれを使った情報化施工をモデル的に試みようとしています。
さらに、システムにGIS(地理情報システム)機能を付加し、自治体との協議記録や地元説明会情報、苦情・相談記録なども格納し、地図上の位置情報と合わせて閲覧できるシステムを考えているようです。

AitoCAD Civil 3Dによる3次元設計

こんなメリットや利用者の声があります

※あくまでも個人(利用者さま)の感想です。

設計コンサルタント様より

測量調査会社様より

総合建設会社(ゼネコン)様より

発注者様より

経営者様・営業担当者様より

大学・教育機関の先生・学生様より