土木の測量・設計CADをお探しの方へ|3Dプリンタの活用

土木の測量・設計CADをお探しの方へ|3Dプリンタの活用

Case1 いろんな測量・地形データを3次元で活用したいけど……

3Dプリンターを使ったらどんないいことがあるのでしょうか?
一番のメリットは、自分の手でものを触ることができ、形状やパーツの大きさを感覚的に感じることができることだと思います。
特に、機械の分野においては、サンプルモデルを3Dプリンターで出力し、並べたり触ったりして比較することができます。
ネジや取り付けのしやすさ、持ちやすさなどは、CGではわかりませんが、立体に出力したらとてもわかりやすいです。
3Dプリンタは、0.1mmという高精細な出力が可能なものもあり、細やかな凹凸を表現できます。
特に近年では、その特許の期限が切れたために価格が大幅に下落し、一般の人にも購入しやすいものが出てきています。
簡単なサンプルを作る程度であれば、十分な機能を有しています。

しかしながら、誰でもが簡単に3Dモデルを作成することができるわけではありません。
テレビや新聞で誰でもできるとうたっていますが、CAD技術やモデリングソフトに精通していないとモデルは作成できません。
こういった苦労する部分は、誰も触れようとはしません。
ネット上に転がっているようなサンプルをダウンロードし、出力するだけなら誰でもできると思います。
しかし、自分でこういう形が作りたい、という方には、とてもハードルが高いのです。

ベアールートシステムでは、自分で3Dプリンターを活用して自分が作ったモデルを出力したいという方のお手伝いをします。
具体的には、AutoCADを使ったモデリングの講習会、電話サポートなどがあります。
3Dプリンターで出力できるモデルを作れるようになると、様々なモノを自分でモデリングし、出力することができます。
3Dプリンターは、今では、10万円程度の価格帯から安価に手に入れられます。材料もとても安いです。
モデリングの技術さえあれば、イメージした形を手に取って楽しむことができます。

土木分野においては、複雑な形状の構造物や立体的な交差、干渉のイメージをつかむことができます。 平面図、縦断図、横断図だけではわかりにくい形状を3次元で表現することで関係者間の合意形成に役立てることができます。 また、このモデルを3Dプリンターで出力することで、模型として利用することも可能です。 一般に、CGよりも模型の方が自由な視点から眺めることができるため、形状や空間を把握するのに役立てることができます。 こういったことから、3Dプリンターを活用することで、より良い設計や提案につなげることも可能です。

ベアールートシステムでは、新しい技術に対して、お客様が求めているサポートをご提案いたします。